ネットワークビジネスはどのうにして生まれたのか!

ネットワークビジネスが生まれた経過

ネットワークビジネス の由来・・・・・・・・・・つづきを読む

まず「ネットワークビジネス」という呼称について少し触れておかねばならない。現在、ネットワークビジネスと呼ばれているビジネス手法は、欧米でマルチレベル・マーケティング(MLM)と呼ばれてきた流通システムのことである。わが国でも長い間そう呼ばれ、また現在もそう呼ぶ場合もあるが、原則としてネットワークビジネスという呼称を用いることにする。理由はネットワークビジネスという呼称が、このビジネス形態に一番ふさわしいと思われるからだ・・・・・・・・・・


最初のネットワークビジネス(MLM)企業 ・・・・・つづきを読む

最初のネットワークビジネス企業がやったこと、歴史上、ネットワークビジネス(MLM)を最初に導入したのは、アメリカはカリフォルニア州に本拠をおくカリフォルニアビタミン社(1934年創業)であったといわれている。当時リー・マイティンガーとウィリアム・キャッセルベリーという2人の男性は、カリフォルニアビタミン社の営業マンでした・・・・・・・・・・


ネットワークビジネス の低迷 ・・・・・・・・・・つづきを読む

ネットワークビジネスとピラミッド商法との混在に悩む、消費者(愛用者)が販売員も兼ねている―という新しいマーケティング理論を引っ提げて1940年代に登場したネットワークビジネスは、第二次世界大戦後のアメリカで次々と起業家が現れ、活況を呈することになった。後にネットワークビジネスの代表的企業に成長するいくつかの会社が、1950年代の終わりから60年代にかけて誕生しているが、一方でネットワークビジネスの仕組みを悪用したビジネスもこの時期に蔓延することとなった・・・・・・・・・・


ネットワークビジネス(MLM)の歴史・・・・・・・・・・・・・つづきを読む?

合法ビジネスとして認知された経緯、米国内で窮したピラミッド商法は海外へ活路を求めていくが、海外でもすぐに馬脚を現わした。ホリディマジック社はカナダ、スウェーデン、シンガポールでも業務停止命令を受けている。イギリスはピラミッド商法そのものを法律で禁じてしまった。いずれにしろピラミッド商法とネットワークビジネスの違いが、人々にまだ明確に意識されていなかった時期に、違法性の高いピラミッド商法が法的規制を受ければ、ネットワークビジネスも安泰でいられるとは考えにくい・・・・・・・・・・


アムウェイの歴史 ・・・・・・・・・・・つづきを読む

アムウェイが生まれるまで、ネットワークビジネスの歴史を語る上でアムウェイを抜きにしてわ語れません。それほど、ネットワークビジネスの世界で影響力を持った会社は、他にないでしょう。共同創立者のジェイ・ヴァンアンデルとリッチ・デヴォスが彼らを取り巻く出来事を通して、アムウェイ・ビジネスの基本理念をベストの形に導いた過程をご紹介します。身近な人に製品を紹介する販売方法の原点・・・・・・・・・・


日本のネットワークビジネスの歴史 ・・・・・・・・・・つづきを読む

ネットワークビジネスが日本上陸で巻き起こした波紋、日本のネットワークビジネスの歴史は1960年代から始まる。1963年に家庭用密封容器を主力商品とするタッパーウエアというアメリカ資本の会社が上陸、ディストリビューター制度を導入した営業を始めた。この会社がわが国で最初のネットワークビジネス企業と考えられる・・・・・・・・・・


ネットワークビジネスへの誤解・・・・・・・・・・・つづきを読む

タイミングの悪さがさらに誤解を生む、人間には、後から振り返って「なぜあんなことに熱を上げたのか」と自ら不思議に思うようなことにのめり込む癖がある。アメリカからピラミッド商法が上陸した時期は、日本でも類似商法が蔓延しており、多くの人々が熱に浮かされたように参加していた。その意味でピラミッド商法にとって1970年代の上陸は絶好のタイミングであり、ネットワークビジネスにとっては最悪のタイミングであったといってよいだろう。その後遺症は長く続くことになる・・・・・・・・・・


ネットワークビジネスの隆盛期 ・・・・・・・・・・・・・つづきを読む

やっと隆盛期を迎えた80年代、現在ネットワークビジネス企業として正しく活動している大手企業の多くは、1970年代の後半から80年代初頭にかけて登場している。そのいくつかをあげれば日本シャクリーシャルレ(75年開業、以下同)、日本アムウェイ(79年)、FLPジャパン、ノエビア(80年)などの企業である。会社によって仕組みの違いはあるものの、どこもネットワークビジネスの基本構造を持ち合法的な有限連鎖ビジネスとして成長していった・・・・・・・・・・


ネットワークビジネスの停滞・・・・・・・・・・・・つづきを読む

停滞そして再び隆盛期を迎える、せっかく社会的認知を得たのに、訪販法をかいくぐる悪徳業者の出現で停滞を余儀なくされたネットワークビジネス業界は、訪販法の改正とその後の悪徳業者の摘発を境に停滞期に迎えることになった。この業界の停滞を救ったのは、新たに上陸してきた外資系ネットワークビジネス企業であった。まず1992年、米国のネットワークビジネス企業大手ハーバライフ・インターナショナルが上陸ハーバライフ・オブ・ジャパンを設立した・・・・・・・・・・


よい風が吹き始めたネットワークビジネス ・・・・・・・・・・・・・つづきを読む

ネットワークビジネスによい風が吹き始めた、時代とともにネットワークビジネスが見直されている。米国でもネットワークビジネスは一つのビジネス形態として社会に定着しつつある。米国では年収1億以上の人の約60%がネットワークビジネスに関わっている。だが、日本は本家をしのぐ勢いを示している。その理由は日本が米国以上にネットワークビジネスに向いた文化的背景を持っているからだろう・・・・・・・・・・


ネットワークビジネスが急成長した時期・・・・・・・・・・・・つづきを読む

1980年代、スタンフォード研究所のレポートに書かれていたこと、1980年代の米国でネットワークビジネス(MLM)が急成長した時期、スタンフォード研究所のレポートにはこう書れていた。「1990年代の終わりころには、大衆が日常消費する商品やサービスの50~80%がMLMの手法で販売されるようになるだろう」現実にはそこまでは到達していないが、IT革命の進展によって構造変化を余儀なくされた流通業界にあってネットワークビジネスが注目される存在としてクローズアップされてきたことは事実である・・・・・・・・・・


◆MLM成功への極意を無料メルマガでも紹介!!

私が展開するMLMビジネスの仕組みをメルマガでもご案内します。
実践MLM虎の巻を伝授!!メルマガで成功への極意を学ぶことができます。

PR注目情報・実践MLM虎の巻を伝授!!

メルマガ

お伝えするのは机上の空論ではありません!

実践から得たノウハウを伝授します!(^^v)

ネットワークビジネスを学ぶには多少の時間がかかります。

しかし、これを「最大の参入障壁」と捉える事が出来る人は

ネットワークビジネスで成功する人です。

短期で稼げるビジネスには落とし穴があります。

あなたは将来にわたる権利収入を得たいとは思いませんか?

この出会いがすばらしい機会になればいいですね!

このホームページは特定のネットワークビジネス企業を推奨するものではありません。

私は、ネットワークビジネスという流通がシステムとして活動的に関わる

人たちを幸せにする21世紀の新しいビジネスとして認知され、正しく広く普及して

確固たる地位を確立して欲しい!という思いで作っています。

私が展開中の○○○に興味がある方は、無料の動画セミナーをご覧ください!

動画版人生を変える扉へGO!

動画版人生を変える扉

  • ここで入力いただいた個人情報は、ビジネスの情報送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をビジネス資料送付の目的以外で利用することはありません。



a:1622 t:1 y:1