記事更新日2016-08-19 (金) 18:29:57

ネットワークビジネスの将来像



ネットワークビジネスで流通する商品について考えてみようと思う。

それは、ネットワークビジネスの将来像として本物の商品ほど

ネットワークビジネスでの流通に適しているし、この先伸びて

いく理由に扱う商品が「本物であるか」

といことが重要だと思うからである。


それに時代背景が本物志向、本物の商品を望むようになって

きたことも大きい。

現代はモノ余りの時代である。

モノ余りの時代は本物しか売れない。



本物の商品とは

ネットワーク

[check]①安心して使用できる、信頼できる。

[check]②使う人間を害さない、健康になる。

[check]③使うものをよくする、幸せにする。

[check]④経済的である。関わる人を豊かにする。


という特性を持つが、そうした商品を扱ってきたのはまさに

ネットワークビジネスで流通する商品だ。

もちろんシステムの強みだけで売れている商品もないわけで

はないが、そういうものはこの先、長続きしない。


だが、商品が本物の力を持っている場合は永続的に売れる。

高品質で有効性を持つ商品を開発した企業が、その商品を新たに

普及させるにはネットワークビジスが最適なものといえる。

なぜ本物の時代になったのか。

大量生産、大量販売の時代は、たとえばスーツやセーターを売るの

でも、S、M、Lというサイズの違いはあるものの、みんなが同じも

のを着ていた。

消費者もそれで満足しているものと考えられてきた。

しかし本当に満足していたかというと、決して満足はして

いなかった。

ただ、当時は消費者にはマスメディアにしか情報源がなかった

から、そこで勧められたものを仕方なく買っていたのだ。

それがいまのように進んだ情報化社会になってくると、自分

で情報を選んで、自分にあったもの、自分がほしいものだけ

を探してくることができる。

情報革命によってそれが可能な時代になったのである。



いまの時代背景にネットワークビジネスがいい位置を占めてい

ることは、米国では開花しなかった補正下着などが日本の

ネットワークビジネスでは、大きな勢力を形成していること

からもわかる。


これは何を意味しているかというと、これからの時代は全面

個別対応が求められるということである。

全面個別対応とは、大量生産・大量販売の対極にあるものである。


たとえば好みも事情も異なるAさん、Bさんがいたとき、理想は

AさんBさんのためだけに商品がつくられることである。

しかし現実にそれは無理だとしたら、Aさん、Bさんに何がほしい

のかを聞いて、それぞれ注文された商品を探してきて届ける

ことである。


これを間接的に可能にしたのがカタログ販売だが、補正下着など

のネットワークビジネスに

よる販売を、全面個別対応を実現していることになる。


ネットワークビジネスがこれから抱える問題はインターネット

時代にどう対応していくかということだ。


ボーナス計算などの分野ではコンピュータが早くから活用され

てきたが、本格的なインターネット時代を迎えて、クチコミと

インターネットがどう結びつくかで

可能性が飛躍的に伸びると思うの私だけだろうか。

それは、インターネットと言うツールがクチコミパワーを増幅させ

ていままで不可能だった人々の情報伝達を可能にする革命が今起きている

からである。

さらに、インターネットの普及の勢いはとどまることがない。


最近では、特に女性や高齢者までもが簡単手にする事ができる

ほど安価で使いやすいものになって来ている。

今では、パソコンは高齢者でも女性でも簡単に使えるように

簡素化された。


それと同時に価格が劇的に安くなった。

それによってクチコミの補助的なツールとなり素晴らしい

可能性が開けている。

これは、携帯電話の普及で起きたことを思い起こせばこの

ことは理解できる。

携帯電話のハードはただ同然の価格になった。

それができたのはハードをただで配ってもソフトで利益を出す

ことができたからだ。

同じようにパソコンもただ同然に安くなることで爆発的に普及し

しかも操作も簡単なった。

それに、驚異的なのは、スマートホンの普及の早さである。

今は、何時、何処、誰もがインターネットに親しみ、Eメールを

楽しむようになった。

完全な「ユビキタス」社会の到来である。



この情報革命がそのまま流通革命につながっていくと確信できるからだ。

ネットワークビジネスとインターネットの融合は、情報伝達を

増幅しネットワークビジネスの可能性を飛躍的に広げ大きな効果

を発揮するようになる!!

ユビキタス社会(ユビキタスしゃかい)とは「いつでも、どこでも、何でも、誰でも」がコンピューターネットワークを初めとしたネットワークにつながることにより、様々なサービスが提供され、人々の生活をより豊かにする社会である。「いつでも、どこでも」とはパソコンによってネットワークにつながるだけでなく、携帯情報端末をはじめ屋外や電車・自動車等、あらゆる時間・場所でネットワークにつながる事であり、「何でも、誰でも」とはパソコン同士だけでなく家電等のあらゆる物を含めて、物と物、人と物、人と人がつながることである。


にほんブログ村 小遣いブログ ネットワークビジネスへ ブログランキング・にほんブログ村へ
社会企業家 ブログランキングへ

人助けが好きなあたなに伝えたいMLMの真実!

人生を変える扉


私たちが展開しているMLMに関心がある方はこちらから

このホームページは特定のネットワークビジネス企業を推奨するものではありません。

私は、ネットワークビジネスという流通がシステムとして活動的に関わる

人たちを幸せにする21世紀の新しいビジネスとして認知され、正しく広く普及して

確固たる地位を確立して欲しい!という思いで作っています。

人生を変える扉へGO!

この出会いがすばらしい機会になればいいですね!

人生を変える扉

  • 個人情報をビジネス資料送付の目的以外で利用することはありません。


a:1456 t:1 y:1