記事更新日2016-10-25 (火) 05:22:42

最初のネットワークビジネス企業


最初のネットワークビジネス企業がやったこと

二人の営業マンが開発したMLMの経緯・・



歴史上、ネットワークビジネス(MLM)を最初に導入したのは、アメリカは

カリフォルニア州に本拠をおくカリフォルニアビタミン社

(1934年創業)であったといわれている。


当時リー・マイティンガーとウィリアム・キャッセルベリーという

2人の男性は、カリフォルニアビタミン社の営業マンでした。

彼らは営業の基本原理について研究していましたが、営業マンが努力して

受け持ち地区の売り上げを上げても、配置転換などでまた一から同じ

努力をしなければならない現状を見て不公平だと考えていました。


彼らは、その人が努力して成功したことによる報酬はその人がすべて

受け取るべきだという考えを持っていたのです。

広大な国土もつアメリカ的発想・・・・

広大な国土をもつアメリカは幌馬車の昔から、消費者に直接商品を売る

訪問販売が盛んだったが消費者と販売者は別々の存在だった。


そこで2人がつくり上げたのが、身近な人に製品を紹介しお届けする

ダイレクト・セリング・システムでした。

消費者と販売者を結びつけ独自の販売プログラムで運営する

新会社を起しまた。


自社製品を愛用してくれる消費者を販売員に起用し、その販売員に

新たな販売員を募集する権利を与え、商品の販売手数料のほかに

自らが獲得した販売員の売り上げに対しても販売手数料を支払う

という方式である。

流通コストを製品の普及のために合理的に活用する発想へと・・・


 
この方法を貫くとメーカーは通常の販売で必要になる流通経費

広告宣伝費がいらなくなる。

その浮いた経費を販売員への販売手数料に回せば、自らの利益を削る

ことなく利益が確保できる。


カリフォルニアビタミンはメーカーとして製品を製造し、手数料の支払い

計算だけを行なっていた。

ネットワークマーケティングという手法・・・

この商法が当って商品が売れ始めると、同じ方法をとる会社が

いくつか出現した。


カリフォルニアビタミン社が1945年にニュートリライト社へと

社名変更した時期に、商品として洗剤を扱う会社が現れ、

その後も家具類、キッチン製品など

さまざまな分野で、MLMは急速に普及していった。

 
普及の原動力になったのは、愛用者兼販売員

(この業界ではディストリビューターと呼ぶ)

に支払われる高額コミッションだった。生産者は流通経費も出さず、

広告宣伝もしないから、販売員たちは自分のクチコミの力だけで

市場開拓をする苦労を背負わされた。


しかし、その見返りは想像以上に大きかった。

ディストリビューターに還元されるコミッションは、自分の

労働から得られるほか、自分が開拓した販売員という

他人の成果からも期待できたからだ。


その額がいかに大きかったかは、現在のネットワークビジネスに

携わる活動的なディストリビューターの年収が数千万円から

一億円を超えることを考えれば、おおよそ理解できるだろう。

 
いつの時代でも、庶民レベルで一年間暮らすのに必要な額の

十倍の年収を稼ぐのは容易ではない。

それができるのは、ほんの一握りの人々に限られる。

だがネットワークビジネスは庶民レベルでそれを可能にしたのである。


ネットワークビジネスは大きな資本も特別な能力もない個人が始めても、

努力次第で多額の収入が得られるが、この多額の収入が得られる

ということが、

このビジネスのあり方を歪めた側面があったことも指摘しておかなければならない。

 
一般消費者がこのビジネスに関わる立場につくには、まず

ディストリビューターになることが条件であるが、一口に

ディストリビューターといっても、実績によって何段階化に分かれている。

多額の収入を得るには上位のディストリビューターになる必要がある。


上位への昇進(タイトルの獲得)を果たすためには、自己の築いた人脈グループ

組織全体の売上高を上げる必要が出てくる。

類似商法の存在・・・・・

そこで少しでも早く売り上げ実績を作るため、無理に商品を

買って過剰在庫をため込んだり、下位者に無理な押し込み

販売をしたり、あるいは昇進のため登録料、権利金をやりとりする


というようなことが、このビジネスでは頻繁に

行なわれてきた事実がある。
 
ということは、ビジネスのすすめ方によっては、経済的損失を被ることも

あるということである。

しかし、これはどんなビジネスにも起こりえることだ。

失敗すればまず最初に問われるのは自分自身である。


だが、ネットワークビジネスに限っては事情が違った。

このビジネスで経済的な損失を被った人が増え始めると

社会的な批判が強まったのである。

理由はこのビジネスの業界周辺に仕組みがよく似た商法が

存在したからだ。

それはピラミッド商法であった。


出典/クチコミと人財が会社を変える(ダイヤモンド社・刊)

にほんブログ村 小遣いブログ ネットワークビジネスへ ブログランキング・にほんブログ村へ
社会企業家 ブログランキングへ


ネットワークビジネスを学ぶには多少の時間がかかります。

しかし、これを「最大の参入障壁」と捉える事が出来る人は

ネットワークビジネスで成功する人です。

短期で稼げるビジネスには落とし穴があります。

あなたは将来にわたる権利収入を得たいとは思いませんか?


私たちが展開しているMLMに関心がある方はこちらから

このホームページは特定のネットワークビジネス企業を推奨するものではありません。

私は、ネットワークビジネスという流通がシステムとして活動的に関わる

人たちを幸せにする21世紀の新しいビジネスとして認知され、正しく広く普及して

確固たる地位を確立して欲しい!という思いで作っています。

人生を変える扉へGO!

この出会いがすばらしい機会になればいいですね!

人生を変える扉

  • 個人情報をビジネス資料送付の目的以外で利用することはありません。


a:2151 t:1 y:0