記事更新日2016-08-20 (土) 05:45:12

ネットワークビジネスとねずみ講

ネットワークビジネス(MLM)と「ねずみ講」との違い

ネットワークビジネス(MLM)を友達に伝える時、よく

引き合いに出されるのがねずみ講です。

しかし、ねずみ講は、正式名称「無限連鎖講」

という完全な犯罪行為です。

ねずみ


MLMとねずみ講の違いについて

ネットワークビジネス(MLM)とねずみ講との違いを一言

でいうと、商品流通の有無です。


ねずみ講は、商品の流通は、ありません。

商品が無く、新規会員から得た(権利)お金を上位の

会員が分配するお金のみの利益目的での金銭配当組織が

ねずみ講です。


対するネットワークビジネス(MLM)は、当然商品の

流通が大前提です。

つまり、ネットワークビジネス(MLM)は、

「愛用者組織」です。


「製品を気に入り愛用する=消費する」

つまり、組織の中でメンバーが継続して自分が気に

入った商品を愛用さえしていれば必ず個人消費という

大きな流通が発生して永続的な権利収入が発生します。


しかし、ねずみ講は、新しい会員が増える事で金品を

得るシステムなので無限に新しい会員を勧誘して行か

なければ収入を得ることが出来ないシステム、これで

は行着くところは、破綻ですね。

ここがねずみ講との大きな違いでしょう。

ネットワークビジネス(MLM)被害の中には、このねずみ講

に関与した人たちが多く存在します。

ねずみ講は、参加すること自体違法ですので注意しましょう。

ネットワークビジネスでは、価値がある商品を個人が

愛用さえして入ればみんなが幸せになれるWIN WINの

システムプランなのです。

仕入れや在庫も、小売も不要のビジネスが

これが本来の健全なネットワークビジネスの姿なのです。


無限連鎖講(むげんれんさこう)の定義

無限連鎖講(むげんれんさこう)とは、金品を払う参加者が無限に増加するという前提において、二人以上の倍率で増加する下位会員から徴収した金品を、上位会員に分配する事で、その上位会員が自らが払った金品を上回る配当を受けることを目的とした団体の事である。人口が有限である以上、無制限に成長する事が絶対的に有り得ないため、日本では無限連鎖講の防止に関する法律で禁止されている。

親会員から子・孫会員へと会員が無制限に、ねずみ算的に増殖していくシステムから、一般的にはネズミ講と呼ばれる。特定商取引に関する法律第33条で定義される販売形態に沿った連鎖販売取引は違法とは言えず、その意味ではネズミ講とは呼べない。また、マルチ商法、マルチまがい商法についても侮蔑的にネズミ講と呼ぶことがあるが、法的には一概に無限連鎖講とは言えない。他にはピラミッド商法という手法も存在している。


にほんブログ村 小遣いブログ ネットワークビジネスへ ブログランキング・にほんブログ村へ
社会企業家 ブログランキングへ

人助けが好きなあたなに伝えたいMLMの真実!

人生を変える扉


私たちが展開しているMLMに関心がある方はこちらから

このホームページは特定のネットワークビジネス企業を推奨するものではありません。

私は、ネットワークビジネスという流通がシステムとして活動的に関わる

人たちを幸せにする21世紀の新しいビジネスとして認知され、正しく広く普及して

確固たる地位を確立して欲しい!という思いで作っています。

人生を変える扉へGO!

この出会いがすばらしい機会になればいいですね!

人生を変える扉

  • 個人情報をビジネス資料送付の目的以外で利用することはありません。


a:3718 t:3 y:0