あなたは大丈夫ですか?

学歴、大企業、商習慣、常識・・・あらゆる価値観が次々と崩れている

学歴、大企業、商習慣、常識・・・

実はいま、あなたの周りでは、とんでもない変化が起きています

■全世界が激烈な大競争社会に突入!

グローバル化の流れはまるで巨大津波のような勢いで、世界経済の市場構造、競争原理、競争相手

を激変させながら、国際市場を地球規模で「ひとつ」に融合させました。これまで日本経済を支え

てきたルール、商習慣、常識などは、この新たな市場ではまったく通用しません。

■インターネットの発達により膨大な情報が氾濫!

現代社会がかなり厳しい時代に入っていることは紛れもない事実です。

男の人

インターネットの発達により、ほとんどのことが瞬時に検索され、

比較検討が可能になりました。ありとあらゆるビジネスは

この「究極の競争社会」のなかで展開されているのです。

「これさえあれば一生安泰」というものがなくなった・・・

青天のへきれきともいえるこの「一大事に誰も傍観者ではいられないのです

■学歴、キャリア、企業規模、資本力が通用しない

驚くべき社会現象です。ちょっと前まで絶対的価値を持っていた「学歴」や「一流企業」

というブランドが通用しなくなっているのです。高学歴の人でも容赦なくリストラにあったり、

大企業でも突然倒産することが日常茶飯事になりつつあります。

■働きたくても仕事がない大失業時代到来!

サラリーマンの三種の神器といわれた「終身雇用、年功序列、定期昇給」制度はほぼ消滅。

グラフ

毎年、大学生の約16万人が就職先が決まらないまま卒業する時代。

あなたの「会社、仕事、収入、生活」もガラリと変わります。多くの人

たちが「お金を稼ぐ手段」を失っているのです。

いままで培ってきた豊富な知識・経験が役に立たなくなる

あなたはこの現実を受け入れることができますか?

多くのビジネスチャンスが瞬時に陳腐化

長年、苦労して培った知識や成功体験も、膨大な情報が猛スピードで氾濫する現代では、すぐに役

に立たなくなります。誰かが儲かるビジネスを新たに立ち上げても、その情報は瞬時に広まり、多

くの人たちが真似をして同じビジネスを始めるので、あっという間に儲からなくなってしまいます

情報格差が経済格差を生む時代「知らなかった」では済まされない

豊かな人と貧しい人との格差の割合は「上位20%:下位80%」になります

2人


サラリーマン・OLも主婦も、若者でも高齢者でも、直面する環境激変のいまは、そこに居合わせた

人たちだけが、真正面から自力で立ち向かわなくてはなりません。

厳しいけどそれが現実であることを、ハッキリと認識する必要があります。

あなたはだいじょうぶですか?これらはあなた自身の問題でもあるのです
けして他人ごとではないのですよ!
ニューヨーク

◆多くの人が「お金を稼ぐ手段」を失っています

底の見えない「平成不況」「100年に一度の経済大恐慌」そして1000年に一度といわれる「3.11」と相次ぐ

大異変で、わたしたちフツーの人たちがもっとも大きな打撃を受けています。

全国津々浦々で相次ぐ解雇や派遣切り、倒産などで、多くの人たちが「お金を稼ぐ手段」を失っています。

ハローワークや求人誌には再雇用先の情報は皆無です。稼ぐ手段に対して飢餓状態が続いている、それが

いまの日本です。


かろうじて雇用を維持しているサラリーマンも、サービス残業、賃金カット、賞与なしなどで家庭内収入は激減

しています。それでも、食費、家賃、住宅ローン、子どもの教育費、保険、税金などの支払いは待ったなしです

毎月の生活は火の車。わずかばかりの貯蓄もとっくに底をつきました。


でも、本当の恐怖が始まるのはこれからで、もっと深刻な事態が連続してくるのを覚悟しなければなりません。

給料が下がり続けるのは当たり前で、いまの収入が、ある日突然、なくなる最悪の事態も十分にあり得ます。

もしそうなれば待っているのは、いまだかつて経験したことがない「貧困生活」です。

ますます深刻になる状況のなかで、これからどうやって喰いつなげばいいのか。また、家族を養っていける

のか。そのためのお金を稼ぐ手段を新たに見いだせるのか。


一億総中流の神話は崩れ去り、「貧富の差」という二極化が進んでいるのは紛れもない事実です。

サラリーマン・OL、専業主婦、中高年者、若者、高齢者、中小企業経営者にいたるまで、まさに

ほとんどの日本人が続々と貧困に蝕まれ始めているのです。

貧困は、これを読んでいるあなた自身の問題でもあるのです。
混迷の時代を賢くしたたかに生き抜くための「本物の情報」です

◆「自力」で生き延びるには、どうすればいいのか

バブル崩壊以来、一般企業の雇用吸収力が急速に衰退していくなかで、多くの人たちに就業の機会

(稼ぐ手段)を与えてきたのがネットワークビジネスでしただから、ここでもネットワークビジネス

かというと、現実はそう短絡的なものではありません。これまで多くの人がいろんな思惑を持って


このビジネスに挑戦しました。しかし、問題はその後にあります。正しいやり方を学習することなく、

安易な気持ちで参加し、我流でやるため頓挫するケースがあまりにも多かったのです。

実に95%もの人たちが途中でやめているのです。その原因のほとんどが予備知識

もなく未熟な声賭けするため誤解されるのです。そのことに警鐘を鳴らすのもこのホームページ

の役割です。

◆あなたが主役の人生を取り戻してください!

この経済大恐慌時代にあって、座したまま何も行動を起こさないのが、もっともリスキーであることを

あなたも痛感しているはずです。だったら、「できるか、できないか」で迷っている時間はありません。

海辺の女性

即、「やる!」と決断してください。

そのことで「100年に一度のピンチ」が「100年に一度のチャンス」に変わります。

インターネットとネットワークビジネスのコラボレーションで、あなたが主役の

人生を取り戻してください!

今なぜネットワークビジネスなのか?

クリントン大統領が現役時代に絶賛
※再生を止める時は、画面右クリックメニューで再生のチェックを外してください。

ネットワークビジネスはその発祥の地アメリカをはじめ、世界では当たり前の商法として高く評価されています。驚くことにクリントン元大統領までが在任中に、ネットワークビジネスの本質を高く評価、アメリカン・ドリームの真髄とまで断言しました

ロバート・キヨサキ氏が推奨

ロバートキヨサキ氏の金持ち父さんの金持ちになる 教えのすべて
世界で3000万部を超すミリオンセラー「金持ち父さん、貧乏父さん」作家のロバート・キヨサキ氏は、ネットワークビジネスこそが個人が「自由と権利収入」を得られる理想のビジネスモデルと推奨してます。日本でも経営コンサルタント船井幸雄氏(船井総合研究所・最高顧問)をはじめ少なからぬ識者が「ネットワークビジネスが日本経済を救う」と絶賛しているのです。

今なぜネットワークビジネスなのか10つの理由

「ハッピーリタイアメント」は誰のもの?


ここ10年で世の中は激変している。

良くも悪くもこれまでの日本経済を牽引してきた団塊世代が、次々に「定年」を迎えています。

誰もが「ハッピーリタイアメント」で片づけられればいいのですが、現実には大きな社会問題

の引き金になるとの懸念が強まっています。


団塊走りの1947年組が、2007年に定年に達してから「団塊世代の定年」に区切りがつく

2010年までの間、約700万人の大量リタイアが、日本経済に深刻な影響を及ぼし、試算

にしてGDPが約16兆円も減少するという、驚くべき報告もあります。


そういう大局的な問題もさることながら、個人の本音では

「はたして自分の退職金はどうなるのか?」の不安も募ります。

団塊世代の退職金総額予想はおよそ80兆円、退職金倒産する企業が相次いでもおかしくない

数字です。


「消費税・医療費アップ」「ペイオフ」そして「年金」「健康保険」制度の崩壊も現実のもの

となりつつある昨今、加えて「熟年離婚」の話題も他人事と笑ってはいられません。

こういういまのご時世に「おたくはだいじょうぶですか?」と聞かれて、「ノープロブレム」

と自信を持って答えられる人がどれだけいるでしょうか。


ここにきて「面倒臭い」ではすまされない


団塊世代といえば典型的なサラリーマン。

「終身雇用・年功序列・定期昇給」をかたくなに信じて滅私奉公の仕事ひと筋。

顧みれば家庭のなかに居場所はなく、かろうじて存在価値が保たれていた会社でさえ危機存亡


に瀕しているのが実情。この先、名刺を捨てて生き残れるのかと不安にさいなまれながらも、

定年へのカウントダウンは容赦なく続いています。

直面する環境激変のいまは、そこに居合わせた人たちだけが、

真正面から自力で対処しなければなりません。厳しくてもそれが現実です。


ところが、多くのサラリーマンは自身の定年が近づいてきても、まだなお仕事ひと筋。

会社で役立つ情報は貪欲に収集しますが、個人のための情報が、氾濫するメディアのなかから

選択すべき状況では、「面倒臭くてとてもやってられない」


結果として、これから必要となる個人のライフステージ、すなわち「わたしの領域」を創る準備

のない人たちがほとんどです。

しかし、従来型ビジネスシステムにあぐらをかいての「いいわけ」はもはや通用しません。


混迷の時代だからこそ明確に未来を想定して、そこからさかのぼり、いまなにをなすべきかを

考えるのです。なぜならば、個人の変革は時代の要請であり、多くの人たちがいま自己変革の

分岐点にいるからです。


望むか望まないかは別として、日本全体がそういう方向に動いていることだけは、それなりに

覚悟しなければなりません。


自分の人生のオーナーは誰なのか?


「日本が変わる」ということは、企業はもちろん、わたしたち個人にも本質的な変革が求められ

ていることへの警告でもあるのです。もう誰も傍観者ではいられなくなります。

企業も個人も、新しい変革競争の時代がはじまっていることをハッキリと認識する

必要があります。


もちろん、7倍速の「ドッグイヤー」の時間との競争を恐れていては、新しい時代には生き

残ってはいけません。

新たな活路を見出すには、現状を冷静に見据え、そして近未来をポジティブに予測していく

ことで自信をつけるしかありません。

これまで築いてきたさまざまな企業社会の自分はもとより、家族を含めた人間関係や、

社会参加型のシステムを再構築するためにも、自身の存在価値を追求しながら、

いまこそ未来をしっかりと見つめるのです。


そのことで、突然「会社人間」から解き放たれたときに、自分の「次の人生」にショックを

受けることなくスムーズに対応できるように備える。


すなわち日常を再編成し、自力本願の揺るぎない自らの存在を支える基盤を持つことが

急ぐべき課題です。そのためには、これまで思いもしなかった

「自分の人生のオーナーはいったい誰なのか」を真摯に追求しなければなりません。


そのことによってのみ、自分の人生を明るいものにするための先見性(目標)を持つ

ことができるのです。


危ないのは団塊世代だけではない


50代以下の中高年・若年のサラリーマンにも危機的状況が迫りつつあります。

何よりも考えなければならないのは、家族を含めた自分の人生を支える収入源が、いま勤めてい

る会社からの「たったひとつしかない」という現実です。


経営がどんなに安定している会社でも、取引先が「ひとつ」というケースはあり得ません。

ほとんどの会社は複数の取引先を持つことでリスク分散しています。


そのことで、たとえいくつかの取引先との仕事(収益)がなくなっても、他の会社との取引で

売上を確保しています。


ところが、サラリーマンの場合はいま勤めている会社が倒産したり、自分が

リストラの憂き目に遭ったりすると、給与(収入)を手にする機会を喪失してしまうのです。

このことを予見し、危機回避しているサラリーマンは、とくに大企業に勤める人ほど

無為無策のままです。


自分の能力(と思っているものの多く)が、いま背負っている看板、すなわち会社の名前と肩書

きにあることに気づいていない人が少なくありません。

それどころか、間もなくやってくる危機的状況を乗り越えられると、楽観視しているのです。

  なぜでしょう?

誤解を恐れずにいえば、それはいまもらっている給与を、自分だけの力で生み出す大変さを、

経験していないからではないでしょうか。


だから「何とかなる」と悠長に構えている。でも、本当にそれでいいのですか?


「いまのままでは、いまのまま」でしかない


海外から巨大ディスカウンターが、高品質・低価格の商品をひっさげて相次いで上陸し、

国境を越えたグローバル競争がはじまっています外資の猛攻はその勢いを増すばかりです。


これらのことからも、昭和、平成と続いてきた日本式商習慣が大きく揺さぶられ、マーケットに

大異変が起きはじめたことを鮮明に理解することができます。

日本式問屋構造、あるいは下請・孫請構造のなかにあって、ただひたむきに日本経済発展の

実質的な役割を果たしてきたのが中小企業です。


しかも、日本の中小企業といえばその大半が零細企業です。「一寸先は闇」のいまを、いかに

生き抜いていけばいいのか。競争方法やルールが変わりつつあることに対する危機意識や

問題意識は強くあっても、具体的な突破口を見出せないでいるのが実情です。

端的にいえば、「いまのままでは、いまのまま」でしかないということです。


時代は、市場構造、競争原理、競争相手が根底から変わろうとしているときに、いままでの

業種、取引先、やり方、地域にこだわり続けることがなにを意味するのでしょうか。


いま、早急に求めるべきは次善策ではなく、新しい戦略にもとづく最善策であることを、

きちんと理解しなければなりません。


バーゲンセールに遭うサラリーマン


日本の企業も、個人も史上最大の激変期を迎えています。同時に、働くことの意味合いまでが

急変しているのです。

これからのサラリーマンは終身雇用などを望むべくもないし、またいつなんどき自分が勤める

会社が傾くかもまったく予測できません。


ある日突然に会社が倒産したり、リストラされると、サラリーマンはたちまちバーゲンセール

の憂き目にさらされるのは、いくつかの前例からも学べます。

新聞や求人誌に掲載される求人情報のなかから、ビジネスチャンスを見つけ出すのはまさに

至難のワザです。


周知のとおり従来型の産業は、急速に雇用吸収力を失っているからです。

とくに中高年者、すなわち終身雇用制を堅く信じて働き続けてきた、団塊世代代のいわゆる

「会社人間」といわれる人たちにとっての現実は、非常に厳しいものがあります。

若い社員であっても、専門性がないと同様です。

このことは、従来型のサラリーマン処世術が破綻したことを強烈に物語っているわけです。

同時に、定年まで雇用されるという前提条件が、もはや過去の集団幻想になりつつあることを

告げています。


最近ではすっかり定着した、「エンプロイアビリティ(雇われる能力)」という

言葉があります。


知識・スキル・経験は単なる資質であり、これに適正と実力、すなわち明確に成果を出せる力

あってはじめて市場価値があると判断する指標です。

これがなければ、転職もできない時代になったのです。サラリーマンの市場価値が、改めて問

われはじめているわけです。


ますます拡大していく「格差社会」


イギリスでは労働人口の30%が、アメリカでは50%がパートタイマーであるといわれてい

ます。日本でも雇用リストラの有効手段と見ているのが、人材派遣の本格活用です。


パート、フリーターなどの非正規雇用者はこの15年で900万人弱から1600万人余に増えてい

ます。厚生労働省の調査では、同じフルタイムで働く男性労働者の05年の

平均月給(残業代などを除く)は、正社員34万8100円、非正社員22万1300円と、歴然とした

「格差」が明らかにされました。


国税庁によれば、1年を通じて勤めた給与所得者の状況を00年と04年で比べると、年間給与

2千万円が1万8千人増えた一方、300万円以下は160万人増えたそうです。

正社員を減らし、非正社員を増やすのは、企業が人件費を流動経費化しているからです。


正社員であっても、給与のモノサシが「時間」から「成果」に変わったことで、

給与格差の拡大につながっています。

貧富の差が明確になる二極化時代はすでに到来しており、庶民の間ではますます「格差社会」

拡がっていくのは間違いないでしょう。


日本でも欧米並みに多様な雇用形態の社員が混在する職場が増加傾向になっていくのは、

避けられないようです。


企業は人材を必要としているのに、長年企業の維持存続に貢献してきたベテラン社員に働く

意志があっても、その雇用の持続は拒絶する。

なんとも切なくて理不尽な話ですが、非常に身近な問題として受けとめなければなりません。


希望とビジョンは自分の意思で持つ


変化や格差を嘆くだけでは何も生まれません。

なすすべもなく、暗闇の進行に翻弄され、不安を募らせることだけは、自力で避けなければ

なりません。いま求められるのは、「自己強化」という自助努力です。


これからの人生の舵取りの枠組みをどうするのか。明確な意思表示が理不尽さからの脱出に欠か

せません。まずは、他力本願から自力本願へと関心の焦点を移す。

こういう時代だからこそ、自分をどうしたいのかの目標設定とその実現手段を模索・検討する。

希望とビジョンは、自分の自由意志で持つものなのです。いまこそ必要なのは、堅実なライフス

タイルの確立です。


この意味で「自立と自己責任」はまさに時代の要請です。

自己責任意識を持つことからしか、混迷の時代をしたたかに生き抜く策は見えてきません。

日本はいま、環境激変の洗礼を受けています。

ただ、同じ物事や現象を見ても、そのとらえ方は人によってそれぞれに異なります。


基本的にその解釈の仕方は、「困難な時代に入った、厳しい状況が続くぞ」と身をすくめる受け

とめ方と、「時代の変わり目が来た、いよいよチャンスだ」と意欲的にとらえる思いの2つに

大別されます。


どちらかを選択するわけですがどうせなら、「常に前向きに発想し、挑戦する生き様を貫く」

ことが原理原則だと考えるべきでしょう。

このような時代背景を踏まえ、新たな視点を持ってネットワークビジネスの可能性を検討して

みることは、それなりに意義があると考えます。


サラリーマンの時代は終わった


独立自営業者になることが急務の課題

ここ数年の世界的大不況のあおりを受けて職を失う人、職を見つけたくてもどこも雇ってくれず

途方に暮れているいわゆる就職難民という人たちが急激に増えています。


高齢者はもとより中高年者にも再雇用の道は閉ざされています。

そして特筆すべきは、毎年16万人もの学生がやはり就職難民として社会に放り出され続けてい

ることです。


その背景にあるのが産業空洞化です。これがいま、急ピッチで進んでいて、これからますます

増加する勢いです。産業空洞化とは、国内企業が国内生産をやめて、中国やタイなど海外に産業

拠点を移すことです。これによって、何が起こるかというと国内の経済が回らなくなり、不況は

ますます深刻化します。経済が発展するのは、日本企業が生産拠点を移した国です。

これでは日本の雇用が安定するはずがありません。


なぜなら、ある企業が生産を海外に移せば、その現地生産によって、国内の中小零細企業に流れ

ていた仕事(発注)がなくなります。そうなれば、中小零細企業は売り上げを絶たれるわけです

から社員の雇用が不可能になります。また、海外に生産を移した企業は現地の安い労働力を

調達しますから、賃金の高い日本での雇用は必要がなくなります。要するに日本の雇用が

どんどん崩壊しているということです。


誤解を恐れずにいえば、「サラリーマンの時代は終わった」のです。

雇用先がないのだから誰もが「独立自営業者」になるのが唯一の打開策なのです。

そのためには自分で考えて自分の運命は自分で開拓することです。

自ら運命を切り開く「独立自営業者」しか、これからの時代には生き残れないのかもしれ

ないからです。


ただしご安心ください。あなたは孤軍奮闘することはありません。

あなたにはネットワークビジネスという手段を活用することができます。

この手段みには主宰会社からメンバー(仲間)までが一丸となって取り組むことができます

ので、いまの危機的状況を抜け出し、実り豊かな人生を築いていくことも十分に達成可能

になります。


なぜならインターネットネットワークビジネスの融合主宰会社からチームプロジェクトD

のメンバーまでが一丸となって取り組む「団体戦」だからです。

自由と安心を手に入れる為に今、やるべきことは?

自由と安心を手に入れる為に今、やるべきことは?


私たちが展開しているMLMに関心がある方はこちらから

このホームページは特定のネットワークビジネス企業を推奨するものではありません。

私は、ネットワークビジネスという流通がシステムとして活動的に関わる

人たちを幸せにする21世紀の新しいビジネスとして認知され、正しく広く普及して

確固たる地位を確立して欲しい!という思いで作っています。

人生を変える扉へGO!

この出会いがすばらしい機会になればいいですね!

人生を変える扉


a:1984 t:1 y:0